自然と暮らす。 桜餅の次は、柏餅?!

2019.04.19 更新

    「梅もいいけど、やっぱり桜もね」。そんな気分で お散歩に出かけた私たちが、気づいたこと。

    4月1日。桜の開花情報を気にしながら、新元号のニュースを聞いた方も 多かったのではないでしょうか? 梅、万葉集、のキーワードがたびたび報道されるのを 横目に「日本の自然の恵みをいただく草花木果でありながら、 それを歌う万葉集に通じていないなー」「自然を細やかに楽しめていないな」と反省…。 身近な自然をもっと味わうべく、早速オフィス周辺へ、花見お散歩に出かけてきました。

    はるか昔から、私たちの生活の近くで、 桜は花を咲かせています。

    春雨はいたくな降りそ桜花 いまだ見なくに散らまく惜しも(詠み人知らず) 今風に言えば、“そんなに激しく降らないでー、春雨さん。 桜の花をまだ見ていないのに、散ってしまったら残念!“という気分でしょうか。 かの万葉集の頃から、桜は、梅に負けず劣らず愛されていたようです。 皆さんは、花見スポットを賑わす桜、近くの公園に咲く桜、 通勤途中に1本だけ健気に咲く桜、花屋さんの店頭で美しく咲く切花の桜、 川面に広がる花筏など、どんな景色を楽しまれたでしょうか?  寒さや雨など、変わりやすい春の気候の中で、 思い出に残る桜を味わうことができましたか?

    同じことを繰り返せる。 それは、とても贅沢なこと。

    ふと考えてみれば、国花である桜(ちなみに、もう1つの国花は菊)に なんでこんなに心を奪われるのか…。 武士道の精神だ、侘び寂びの世界にも通じる、などさまざまに解説されていますが、 私たちがふと感じたのは、「同じことを繰り返すことの豊かさ」。 たとえば、自宅から歩いて10分の公園に出かけるだけでも、 桜があるだけで、「あー今年は春がとても寒いなー」「家族が変わらず元気で嬉しい」 「これから、新しいことが始まるね」なんてさまざまに想いが巡ります。 毎年、春になると繰り返し花を咲かせる桜なのに、 そのたびに新鮮に、そのたびに美しく感じることができるのです。 丁寧に、慈しむように季節を繰り返すことができる幸せ。そして豊かさ。 いまさらになって気づきました。

    関東風と関西風、どちらの桜餅が お好みですか?

    出かけたのは、お天気の良いある平日の15時過ぎ。 餅を蒸して作る関西風、餅を焼いて作る関東風の2つの桜餅がお供です。 和菓子屋さんに出かけて、ここでも改めて実感したのが、日本人は季節や自然とともに、 日々をとても繊細に生きていたのだなーということ。 「生きている」と現在形で話せないことに、万葉集に続いて反省の念…。 私たちの周りには、とても豊かな自然が、いつも小さな喜びを届けてくれています。

    天候や生き物の変化から季節を表す、日本ならではのカレンダー「二十四節気」では、 4月20日頃からゴールデンウィークの終わりにかけて「穀雨(こくう)」と 呼ぶ時期に変わります。春の最後の節気で、田畑が種まきの好機だとか。 衣替えにもちょうどいい季節なので、次なる季節のお菓子、柏餅のことなども 楽しみにしながら、春の終わりを、どうぞ素敵にお過ごしください。

    レポートは、草花木果 八木が担当しました。

    桜の力を借りてきれいに。 〈草花木果 マスクジェル〉

    毛穴目立ちや乾燥のケアで大人気の〈草花木果 マスクジェル〉も 新しく生まれ変わりました。桜の葉から抽出した「桜葉エキス」を配合。 イソフラボンやフラボノイドなどを含む、ソメイヨシノ葉から 抽出したエキスです。

    >詳しくはこちら https://www.sokamocka.com/products/detail.php?product_id=00010010010

    GWの連休に、肌もしっかり、 休ませる、ととのえる。

    新しい草花木果スキンケアでは、「休ませる」「ととのえる」という アプローチで、素肌にヘルシーな美しさを届けます。 肌に合わせて、たとえば、マスクジェルも2種類をご用意しています。 ぜひ、お試しください。

    >>草花木果公式HPもご覧ください。 https://www.sokamocka.com/

     

    今回おしゃべりした方
    nouserさん