健やかさを導く、関平鉱泉水の魅力。

2019.07.26 更新

    草花木果のスキンケアアイテムすべてに配合されている関平鉱泉水。神話「天孫降臨(てんそんこうりん)」の地である鹿児島県霧島に湧くこの名水は、古くから、怪我や皮膚病、胃腸のあれなどが気になる人に愛されて続けてきたそうです。今回は、その知られざる効能に迫ります。

    お花もイキイキ元気になる。 私たちの肌も、喜んでくれそうです。

    まず、関平鉱泉水を紹介する鹿児島県霧島市のホームページで見つけたとっても興味深いデータをご紹介します。 なんでも、「傷や胃腸にいいこの温泉は、もしかしたら植物にも良いのでは?」と地元の職員の方が思いつき、切り花のお水に、関平鉱泉水を使ってみたとか。同じ苗木に咲く、ほぼ同じ大きさのサザンカを水道水と関平鉱泉水の両方のそれぞれいれて実験開始。すると、水道水に入れたお花が散ってしまった後も、関平鉱泉水に入れたお花はイキイキと咲き続けたそう。これには、驚きです。 自然の一員である私たち、そして私たちの肌も、この名水を喜んでくれるのは、間違いない!

    独特のミネラルバランスが育む、健やかさに向かう力。

    そして、2003年に新聞などに掲載されて話題になったというのが、関平鉱泉水のガン抑制効果。鹿児島大学農学部の藤井信教授と地元の共同研究により、関平鉱泉水が免疫力を高め、細胞のガン化を抑制する作用を示すデータが得られたという発表をしたことが話題になりました。自然からの恵みにより、私たちは美しさだけでなく、健やかさまでも手に入れることができるのです。

    1,000メートルを超える山麓の恵み。豊かな自然が届けてくれるもの。

    訪れた霧島で感じたのは、とにかくその自然の豊かさ。1,300種もの植物が生息していると言われ、時代の異なる火山が連なり、そのいくつかは今でも活動を続けています。そんな多様性に溢れる自然が生んだ名水は、山々に降り注ぐ年間4,500㎜もの雨水が溶岩や火山砕屑岩に自然に浸みこんで地下水となり、マグマのガス成分や熱で溶けだした地中成分をたっぷりと吸収しています。無色透明のクリアな水ながら、そこには、生きるエネルギーが力強く凝縮されているのです。
    皆さんも、ぜひお近くにお出かけの際は、草花木果を支えてくれる、この関平鉱泉水の地元を訪ねてみては、いかがでしょうか?

    <草花木果 マスクジェル><草花木果マスクジェル エンリッチ>にも、関平鉱泉水を配合。

    ロングセラーアイテム<草花木果 マスクジェル>や、年齢毛穴ケアのための<草花木果 マスクジェル>にも、この名水を配合しています。梅雨時期は、肌がベタつくのに、実は内側が乾燥して毛穴なども目立ちやすいシーズン。関平鉱泉水のエネルギーと天然由来の美容成分が詰まった美容液でのお手入れで、どうぞ、健やかな毎日を。

    今回おしゃべりした方
    nouserさん